1. 山田電機製造 ホーム
  2. 会社沿革

会社沿革

会社沿革

昭和23年
(1948年)
6月 山田電機製作所として創業。圧力スイッチ、フロートスイッチの製造販売を開始。
昭和26年
(1952年)
11月 有限会社山田電機製作所に組織変更。資本金35万円。
昭和28年
(1953年)
4月 単相小形モータ焼損防止器及びサーモスタットの製造販売を開始。
昭和32年
(1957年)
5月 フロートレス液面制御継機器の製造販売を開始。
昭和33年
(1958年)
8月 山田電機製造株式会社に組織変更。事業拡大に伴い本社工場移転。
資本金500万円に増資。
昭和39年
(1964年)
2月 犬山工場新設。一部組立ライン及びプレス部門を移転。
4月 三相用小形モータ焼損防止器の製造販売を開始。
10月 本社工場を全面的に改造。資本金3,000万円に増資。
昭和40年
(1965年)
6月 電流式モータプロテクター開発。
10月 押釦スイッチの製造販売を開始。
昭和41年
(1966年)
12月 資本金5,000万円に増資。
昭和42年
(1967年)
4月 サーマルプロテクターの製造販売を開始。
昭和44年
(1969年)
2月 本社工場第二次増築。
4月 犬山工場を現在の桜海道に新築移転。
昭和47年
(1972年)
1月 本社工場別棟新築。制御盤の製造販売を開始。
昭和48年
(1973年)
6月 犬山工場増築。成形部門設置。
昭和51年
(1976年)
8月 遠心力スイッチ量産体制(1970年開発)を確立。
資本金8,000万円に増資。
12月 資本金1億円に増資。
昭和53年
(1978年)
1月 市場初の大容量(22KW)サーマルプロテクターを開発。
8月 低温サーモスタットの製造販売を本格的に開始。
昭和54年
(1979年)
6月 サーマルプロテクター付きPTC起動リレー開発。断水リレー開発。
昭和57年
(1982年)
2月 コンプレッサ用圧力スイッチ開発。
6月 タイ国SUE社へサーマルプロテクターの製造設備輸出を含めた技術援助。
昭和58年
(1983年)
4月 自動車用小形DCモータ保護サーマルプロテクター開発。
10月 PTC応用遅延リレー開発。
昭和59年
(1984年)
4月 真空スイッチ開発。
8月 自己保持型過熱保護用サーモスタット開発。
昭和60年
(1985年)
6月 リードスイッチ式圧力センサー開発。
昭和61年
(1986年)
6月 光電式圧力センサー開発。
昭和62年
(1987年)
9月 CP型小形電流プロテクター開発。
昭和63年
(1988年)
12月 温度検知複合機能形エアコン用サーマルプロテクター開発。
昭和64年
(1989年)
6月 サーマルプロテクター生産ライン増設に伴う犬山工場増築。
7月 マイコン応用システム制御ユニット開発。
9月 フェールセーフ複合機能形サーマルプロテクター開発。
平成2年
(1990年)
11月 ポンプ用コンビネーションセンサー開発。
海外拠点YAMADA ELECTRIC MFG.(MALAYSIA)SDN.BHD.設立。
平成3年
(1991年)
8月 ベラルーシ共和国(旧ソ連)へのサーマルプロテクターの製造設備輸出を含めた海外援助。
12月 マイコンポンプ制御ユニット開発。
平成4年
(1992年)
6月 エアコン用新型ロータリースイッチ開発。
ロシア共和国へのサーマルプロテクターの製造設備輸出を含めた技術援助。
平成5年
(1993年)
2月 本社社屋新築(現在地)移転。
3月 電子起動リレー開発。
5月 可逆式ガバナスイッチ開発。
12月 気泡式水位制御装置開発。
平成6年
(1994年)
6月 電圧低下検知リレー開発。
9月 身体障害者雇用優良事業所として労働大臣表彰を受ける。
平成7年
(1995年)
3月 中部通産局海外事業展開調査団によりYAMADA MALAYSIAが視察工場に
選定され高く評価される。
4月 インバータポンプ用圧力センサー開発。
平成8年
(1996年)
1月 中小企業研究センター賞受賞。
3月 起動・運転制御一体型圧力スイッチ開発。
4月 フェールセーフ複合機能形サーマルプロテクター開発により科学技術庁長官賞受賞。
防湿形圧力センサー開発。
12月 パッケージエアコン用過電流継電器開発。
平成9年
(1997年)
3月 気泡式水位監視装置開発。
7月 フロンガス漏れ温度検知複合機能エアコン用新型サーマルプロテクター開発。
電磁流量計開発。
10月 半導体素子搭載リニア出力式圧力センサー開発。
12月 インバータコンプレッサ用新型サーモスタット開発。
新型2ステージサーマルプロテクター開発。
平成10年
(1998年)
2月 エアーコンプレッサ用ヒステリシススイッチ開発。
4月 ハンディーコンプレッサー用圧力スイッチ開発。
プラグインタイプサーマルプロテクター開発。
平成11年
(1999年)
10月 プレス機用圧力スイッチ開発。
平成12年
(2000年)
4月 エアポンプ用保護装置開発。
12月 投げ込み式水位制御装置開発。
気泡式デジタル水位制御装置開発。
水中ポンプ浸水検知装置開発。
平成13年
(2001年)
1月 中国江蘇省無錫市に山田電機(無錫)有限公司設立。
平成14年
(2002年)
2月 エアコン用新型ロータリースイッチ開発。
8月 温水用圧力センサー開発。
平成15年
(2003年)
1月 浄水器用積算流量計開発。
3月 宅内排水ポンプユニット開発。
10月 印刷機用原点センサ開発。
平成16年
(2004年)
8月 家庭用ポンプコントローラ開発。
12月 投げ込み式水位制御装置。
平成17年
(2005年)
5月 ポンプ用アキュムレーター開発。
平成18年
(2006年)
3月 大流量ファインセンサ開発。
4月 海外向けポンプ用流量スイッチ開発。
10月 防霜潅水コントローラ開発。
平成19年
(2007年)
11月 冷蔵庫用省エネ型起動リレー開発。
平成20年
(2008年)
1月 成形機を導入し、樹脂成形分野に参入。
2月 消火栓ポンプ基板開発。
6月 制御盤用可変サーモ開発。
7月 給水補助加圧ポンプ用DCBLコントローラ開発。
給水補助加圧ポンプ用アキュムレータ開発。
給水補助加圧ポンプ用ファインセンサ開発。
加圧ポンプ基板開発。
平成21年
(2009年)
2月 インバーターコンプレッサー用サーモスタット開発。
4月 水中ポンプ用起動スイッチ開発。
高感度サーマルプロテクター開発。
平成22年
(2010年)
1月 排水ポンプ基板開発。
平成23年
(2011年)
3月 ポンプ用警報盤開発。
平成24年
(2012年)
3月 ポンプ用DCBLモータドライバ基板開発。
平成25年
(2013年)
1月 PTCヒータ関連新製品開発。
2月 海外向け圧力スイッチ開発。

このページのトップへ